遺言書を書くまで、強い決意はしてないけど、

大切な家族や親友には何かメッセージを残したい・・・

そんな思いを叶えられるサービスがスマホでできます。



1つは、エスカコーポレーションという会社の

会員制サービス『言伝屋(ことづてや)』

大切な人にメッセージを残す事ができ、亡くなった際には遺族が

電話による言伝とメールかFAX文書でメッセージを受け取れます。

女性の利用が多いようで、あれはどこに仕舞ってあるとか、

ご主人が一人になっても日常生活に困らないようにと、残す人もいるようです。

https://www.atpress.ne.jp/news/114802



もう一つが、アスカネットという会社の『遺影バンク』

普段は、なかなか遺影のために写真を撮るって意識はないですよね。



残したい遺影候補写真やメッセージ、住所録など様々な情報を預かってくれるサービスです。

https://ieibank.com/


でも、こういったメッセージ保管サービスは

当たり前ですが、正式な遺言とは違いますから、

遺言に書ききれない思いを伝えるツールとして使うのが良いですね。