相続手続きでの戸籍は?・・・

被相続人の亡くなった当時に本籍がある市役所などに行けば戸籍を取ることはできます。

でも、この死亡時点の戸籍だけでは相続手続きはできません。

なぜなら、直前の戸籍だけでは相続人が誰なのか特定できないことがほとんどだからです。

相続人を確定させるためには、被相続人の出生から死亡までが記載された期間の戸籍謄本がないと確定できません。

ではどうして、直前の戸籍謄本だけで、この期間を網羅できないのか?

現行の戸籍謄本は「一の夫婦及びこれと氏を同じくする子」しか記載されていないし、子どもが結婚すると、親の籍から外れ

その子どもや配偶者を筆頭とする新たな戸籍が作られます。

さらになんらかの理由で転籍したかもしれないし、平成6年法改正で戸籍のコンピュータ化もあり、ほぼ一発では出生から死亡までは

解明できないのです。

こんなイメージ

複雑になっている被相続人の戸籍を遡って出生から死亡まで繋げていくことは、なかなか一般人では難しいですよね。