相続手続とは、亡くなった人の銀行預金や有価証券などを相続によって受け取る手続き、
相続人の各種名義変更手続、相続放棄手続などのことです。


この相続手続に戸籍謄本が必要とされる理由は2つ。



.現金を受取る人や名義変更をする人が、被相続人の相続人なのかどうかを確認するため

.現金の受取りが相続人全員の意思かどうかを確認するため


相続人全員の意思かどうかを知るには、相続人を正確に知る必要があり、それを知るためには被相続人の全ての戸籍謄本類を必要とします。


じゃあ、どうやって被相続人と相続人を調べていくか?

① まず、被相続人の出生から死亡するまでの戸籍謄本を揃えます。




② それから、被相続人の死亡時の配偶者と子の有無を調べます。


子がいてもその子が死亡していた場合、その子の子(被相続人からみて孫)に再代襲による相続権が認められます。
この場合、子や孫、ひ孫が存命であることが確認できれば、その人が相続人になるので、
被相続人の父母等や兄弟姉妹については戸籍を調べる必要はなくなります。




③ 子がいない場合は、被相続人の父母等の戸籍を調べます。

被相続人の直系尊属が存命なら、その人が相続人になるので、被相続人の兄弟姉妹の戸籍を調べる必要はありません。




④ 被相続人に子(代襲相続人)も直系尊属もいないと、被相続人の兄弟姉妹の戸籍を調べます。

被相続人の死亡時点で、兄弟姉妹が存命ならその人が相続人となります。

もし、兄弟姉妹が全て死亡していても、兄弟姉妹に子がいれば、代襲相続権が認められるので、

その兄弟姉妹の子が存命かどうかを戸籍で調べます。(ただし、再代襲はありません)





このように順番に戸籍を調べていくのですが、相続人の数が多いと大変な作業になりますね。