被相続人が生前、複数の銀行口座を持っていたり、

株取引や国債の購入があったような場合、どう調べるか?

 

今なら、インターネットで預金や株取引もあるかも?

 

ポイント!!

1.預貯金の通帳や証書によって、相続開始前3年ないし6年間の被相続人の預貯金口座の取引履歴を確認します。

通帳など紛失しているときは、取引履歴証明書の発行を金融機関に依頼します。 

 

2.金融機関に対して、相続発生日現在の預貯金残高証明書の発行を請求します。(相続税申告の添付書類として必要)

 

3.株式や国債などの有価証券は、証券等を手がかりに、取引のあった証券会社に被相続人の有価証券の保有銘柄などについて問合せます。

 

インターネットバンクについては、ATMで出金などに使うカードやインターネットバンクからの郵送物を確認したり、ネット株取引に関しては、売買報告書や配当金が振り込まれる口座も確認します。

 

なお、「取引明細証明依頼書」や「残高証明依頼書」には以下の書類が原則必要になります。

 

・被相続人の除籍謄本全部事項証明書

・相続人全員の戸籍謄本

・相続人の印鑑登録証明書