アパート経営を手広くしていたお父さんが亡くなって、

あなたが相続人だとしたら、今後、まず何をしたら良いでしょうか?

今は、個人でもアパート経営やマンション経営をされている方が多いので、

こんなケース起こりえますよね。

 

 

お父さんの地位つまり、賃貸人の地位は、相続によって相続人に承継されます。

 

通常は、遺産分割協議をして、賃貸物件の所有権を取得する者が

賃貸人の地位も承継するのが一般的です。

 

ただし、賃貸人の地位を相続しても、その旨を賃借人に連絡しないと

賃借人は今後、誰に賃料を払えばいいのか不安になりますので、

新賃貸人が誰であるのかを記した「賃貸人変更通知書」を賃借人に送付する必要があります。

 

その際、新賃貸人名義の賃貸借契約書に書き換えることがベストですが、

書き換えなくても、法的には、従来の契約関係は

新賃貸人と賃借人との間では続いていますけどね。