日本人の夫と海外で生活していた妻、

夫がなくなり、日本に住む娘と2人で相続することになりました。

夫が海外に土地建物を所有していた場合、

相続はどうなるのでしょうか?

 

 

「相続は、被相続人の本国法による」という法律があるので相続について適用されるのは日本の民法です。

 

ですから、被相続人の所有していた海外不動産を含めた遺産はすべて相続人に承継されます。

海外の不動産の評価は、日本のように路線価などの指標がない場合が多いので難しいのですが、

現地不動産鑑定士による価格評価が最も信頼性が高いといえます。

ほかに、日本の不動産関係企業や海外不動産評価を行う不動産鑑定士に査定を依頼することもできます。

 

近年、日本での海外不動産の取扱も非常に増えていますので、

国土交通省は「海外投資不動産鑑定評価ガイドライン」も示しています。

 

また、このケースの妻が、日本に住所がない場合、印鑑証明書は発行されません。

その場合、現地の日本領事館でサインが本人自身のものであるというサイン証明書を取得することができます。