相続財産のほとんどが借金だったら・・

相続人としては、そんな借金だらけの負の財産なんて引き継ぎたくはないですよね。

 

 

積極財産、消極財産と問わず、被相続人の権利義務を一切承継しないようにするには、

家庭裁判所に相続放棄の申述をします。

この申述時期は、「自己のために相続の開始があったことを知ってから3ヶ月以内」となっています。

 

でも現実には、相続開始時に、相続人が被相続人の財産の有無を知ることが難しかったり、相続財産など無いと思って、3ヶ月以内に限定承認や相続放棄の手続きをしないで3ヶ月以上経ってから借金の存在を初めて知ったってことも起こるでしょう。

 

実務では、債権者から履行請求の通知を受け、初めて債務の存在を知った場合には、その時点から熟慮期間が起算されます。

また、債権者からの通知がなくても、共同相続人などから債務の存在を聞き知った時はその時点が起算になります。

 

相続人が複数いる場合は、この3ヶ月の期間は、各相続人ごとに進行します。

 

そして、相続放棄がされると、その相続に関して、初めから相続人とならなかったとみなされますので、代襲相続も生じません。

 

つまり、被相続人の子が相続放棄すれば、子の子(孫)も相続人にはなりませんから安心してくださいね。