寄与分って聞いたことありますか?

 

たとえば、こんなケース。

 

父が若くして倒れ、母は10年前に亡くなっています。

長男夫婦は、父名義の家に父と同居し、永年にわたり、自宅で夫婦二人で父の療養看護をしていました。

次男も長女も、その長男夫婦の療養看護にとても感謝し、長男の妻の分も含めて長男に遺産の3分の2、残り3分の1を次男と長女で分けることに合意しました。

 

さて、いわゆる寄与分に関する遺産分割の手続きはどうしたら良いでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

寄与分は、被相続人の財産の維持または増加について特別に寄与した相続人に、法定相続分を超える財産を取得させることによって共同相続人間の衡平を図る制度です。

 

相続人の配偶者の寄与は、相続人ではない配偶者に直接与えるものではありませんが、相続人の履行補助者としての貢献として、当該相続人の寄与として評価されます。

そして、寄与分は、共同相続人全員の協議によって決めます。

 

寄与分の主張は、遺産分割の主張と共にし、単に寄与分だけの主張はできません。

また、遺産分割協議書には、特に寄与分としていくら取得することになったなど、その経過を記載する必要はありません。

 

ただし、

 

後から、なぜ長男だけ多く取得したのかという不満をもたれないように寄与の点も遺産分割協議書の中に盛り込んでおくといいですね。