父親の気に入らない男と結婚するなら「勘当だ!!」なんて

お父ちゃんから勘当され、家に出入りすることも禁止されているとしても、

現在の法律ではもちろん、大昔の勘当の制度もみとめられていませんから、

親の相続権を失いことはありません。










ただし!

親が勘当により子の相続権を奪うことができなくても特定の子に相続させないことはできます。

たとえば、

1.相続人の廃除

その子を親の相続人から廃除するもので、家庭裁判所に対して審判を申し立てます。

廃除請求が認められるには、子が親を虐待するとか、重大な侮辱を加えたとか

子に著しい非行があったなどの相当の廃除事由が必要ですが。

2.生前贈与や遺贈

親が他の子に対し、生前に全財産を贈与したり、遺言によって全財産を遺贈したりすることができます。

でも、子には遺留分という遺産の一定割合の確保ができるようにはなっていますので、全くゼロにすることは難しいですけどね。