Aさんは妻と2人暮らし。

お互いに高齢になって、子供たちも独立して遠方に住んでいます。

Aさんは、自分に何かあったとき、残された妻が煩雑な相続手続きを

こなせるかどうか心配しています。

 

Aさんが亡くなったときには、すぐに葬儀費用や妻の生活費などが必要ですが

普通に相続手続きをしていたらすぐには口座から下ろせません。

現金でおいておくのも心配だし、何か良い方法はないものかと悩んでいます。・・・・・

 

そんな時に有効な方法が「遺言代行信託」です。

 

遺言代行信託は、生前に自分(委託者)の財産を他人(受託者)に信託して、

生存中は委託者自身を受益者とし、自分の死後は子や配偶者を受益者とすることによって、

自己の死亡後における財産分与を達成しようとする契約です。

 

 

 

 

 

 

 

法廷相続の場合、死亡により金融機関が凍結した預貯金の払い戻しを受けるには、

被相続人の出生から死亡までのすべての戸籍謄本などを揃えて金融機関に提出しなければ

いけません。

 

一方、遺言代行信託では、財産は生前に受託者に信託されていますのでこのような手続きが

不要なんです。

また、相続手続きにはある程度の時間がかかりますが、

遺言代用信託なら、死亡直後に必要となる葬儀費用や遺族の生活費を

確保することができるんです。