長年、夫婦で財産を蓄え、家を建て、子どもを育てて・・・

ある日、相続となったら、遺された妻(配偶者)が住み続けるつもりだった住宅も含めて

相続財産とされ、子どもと遺産分けしなきゃいけない~

妻の住む家も、老後のお金も鬼のような子どもに持っていかれてしまう~

なんてこった~ これが、現行の法律なんですね。


それじゃあ、あんまりだっていうことで、

相続法制の見直しを進めている法制審議会の民法部会が、

結婚20年以上の夫婦のいずれかが死亡した場合、配偶者に贈与された住宅を

遺産分割の対象から外すことを柱とする試案をまとめました。


高齢化社会が進む中、財産分与で優遇し、配偶者が生活に苦しまないようにする

狙いなわけです。

年内にも要綱案を作成し、法務省は答申を経て、来年の通常国会に民法改正案を

提出する運びです。


現行制度では、配偶者が生前や遺言で住宅を相続財産に計上しない意思を示さない限り、

住宅も含めた財産を相続人全員で分割します。

そのため、住宅の贈与を受けた配偶者はその分、貯金など現金の取り分が減り、

老後の生活が苦しくなる恐れがあります。



 ↓  イメージはこんな感じです。












民法部会は、住宅は長年の夫婦の協力で形成された財産であり、

相手の老後の生活を保障するために贈与されると解釈し、死亡した配偶者には住宅を遺産と

見なさない意思があったと推定する規定を条文に設けるようです。

そうですよね~。

こんな条文が無くても親のことを大切にする優しい子どもが増えますようにと

祈るばかりです。